☆Droom★ ~ディズニーに関するブログ~

ディズニーの裏技や豆知識、インレポを中心に毎日1ネタずつ更新を目指しています☆ 自分で見つけたものは勿論ネットや本、口コミ等の話もありますのでもしかしたら間違ってる部分、古い情報なんかもあるかもしれませんが“この話は実は…”って教えてくださると嬉しいです。 拍手やコメントも待ってます!! よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

要は気持ちの問題☆

ミステリアスアイランドにあるリニューアルによりわかりやすくなった海底2万マイル




このアトラクションのタイトル『海底2万マイル』とは「2万マイル潜った」という意味ではないんだそうです


2万マイルも潜ったら地球を突き抜けてしまうんだとか



実は海底2万マイルのタイトルは「2万マイルではないけれど、そう感じるくらい深く潜った」ということなんだそうです


また小説の『海底2万マイル』は「海に潜って地球の周りを2万マイルくらいまわった。」という意味なんだそうですよ


スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 10:16:42|
  2. TDSアトラクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょいとした違い☆

このアトラクションは久しぶりに取り上げますね

昼なお暗い999人の地獄からの使者と言うべく見た目からといいおどろおどろしいお化けたち…ではなく
夜の建物周りよりもむしろ中のほうが明るく、踊ったり歌ったりしているお化けたちや最初から最後まで案内してくれる紳士なお化けたちが魅力なホーンテッドマンション




実はこのアトラクションのBGMは東京のと海外のとでは少し違います

海外のは高めのキーですが、日本は逆に低めのキーを使っているんだそうです



何故かと言うと、海外と日本とで幽霊に対する文化的な感情の差異があり、日本人は低めの音を恐がるからなんだそうです



確かに入ってから舞踏会に行くまでのBGMだけは怖いかもしれませんね




  1. 2011/04/29(金) 11:08:00|
  2. TDL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今夜スタート★

今日の夜からファンタズミック!が始まりますので今日はファンタズミック!のお話を



このファンタズミック!とかつてやっていたファンティリュージョン!との関わりはこのブログの最初の頃にやりました




今回は基礎知識を


ファンタズミック!をやっているのは日本以外だとアメリカの両パーク、カリフォルニアのDLとWDW


92年に本家DL、98年にWDWで始まりました


ストーリーは魔法使いの弟子扮するミッキーがドラゴンに変身したマレフィセントを倒すというもの
ドラゴンが登場するまでの間に色々なディズニー映画のキャラクターが登場するのですが、日本版ではファインディング・ニモのシーンが導入されるそうです

花火や炎、レーザー光線などのお馴染みの特殊効果に加え今回見所となるのは映像技術
日本でも同じ手法が用いられるのかはわかりませんが、海外では霧のスクリーンが使用されています
どういうことかと言うと…霧を作りそこに映像を写し出すのです


カリブの海賊のデイヴィ・ジョーンズはスモークに写し出しますよね
あんな感じです


そしてさらにこのショーはテーマ曲が魅力的




小学生になるかならないかのときにテレビの海外のDL特集で取り上げられいつか見たいなと思ってたんですが、日本のDLにはあれを出来るだけの広さの場所が無いんですよね


で諦めてるときにTDSの報道…イメージ画を見たときにこれだけ広い水場があるならできる
と思ったのですが、最初はミッキーが魔法使いの弟子の格好をしていたディズニーシー・シンフォニー

これが終わると知ったとき次は来るかと思いきやブラヴィッシーモが始まりまして

ですが魔法使いの弟子のミッキー、ブラヴィッシーモの火の精プロメテオ…これでもうできるでしょ


と思っていた矢先のファンタズミック日本上陸報道


もともとTDSでは今海外でやっているワールド・オブ・カラーを持ってくる予定だったのだそうですがそれを流してファンタズミック!を持ってきたんですから期待大ですよね
海外両パークでも健在ですからね




今夜からTDSの夜のメディテレーニアンハーバーを彩る新たなエンターテイメント、ファンタズミック!
きっと1度観たならばそのスケール、迫力に魅せられると思うので行ったらぜひご覧ください


  1. 2011/04/28(木) 08:49:24|
  2. TDSエンターテイメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマスではなくホリデーなわけ☆

TDLのウィンターシーズンにはイッツ・ア・スモールワールドはベリーメリー・ホリデーと称し、1月頭まで華やかに彩られています



これ何故、クリスマスではなくホリデーと書いているのでしょうか
これにももちろん訳があります

それは、この時期、全世界でクリスマスが祝われている訳ではないからです


クリスマスと言うのは元々キリスト教のイベントです


その証拠にキリスト教圏外であるアジア各国のエリアではクリスマスのデコレーションはされていません

中国は旧正月、日本はお正月のデコレーションが施されているんです



そもそも、このアトラクション内ではクリスマスという言葉は一切出てこないんです


フランス語やイタリア語などでメリークリスマスと言ってたり、デコレーションで書かれていますが、クリスマスと発音されていることはありません



ジングルベルやひいらぎ飾ろうの日本語歌詞でも、あえてクリスマスが出てこないのをチョイスしています
これもやはり、全世界でクリスマスのイベントをやっている訳ではないため、それに配慮してクリスマスという言葉を避けたんだそうです



だからクリスマス終わったあともこのベリーメリー・ホリデーはやってるんですね


  1. 2011/04/27(水) 22:22:17|
  2. TDLアトラクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宇宙山☆

このアトラクションの話題もたまに出しますね


近年リニューアルしてより未来的になったスペース・マウンテン


このスペース・マウンテンは宇宙旅行の感覚をリアルに再現するため、宇宙飛行士のゴードン・クーパー監修のもと製作されました


ゴードン・クーパーは有人飛行による大気圏脱出を目的としたマーキュリー計画で、宇宙へ一人で飛び立った最後の宇宙飛行士で、1963年5月15日から約34時間単独宇宙飛行に成功したことで有名になりました


その様子は、1983年にライトスタッフという映画で映画化されました



と言ってもリニューアルしちゃってその面影はあまりないんですけどね
リニューアル前のスペース・マウンテンのお話です




  1. 2011/04/26(火) 18:01:14|
  2. TDLアトラクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。